フォーサイト社労士基礎講座のメディア講義

2017.9.25|基礎講座

フォーサイト社労士基礎講座はテキストとセットで講義メディア(DVDまたはCD)が付いてきます。

基礎講座テキスト6
DVDとCDの内容は全く同じです。
DVDは1枚に平均約100分、CDは1枚に平均約60分収録されています。


入門講座                6:15 (2016年10月中旬)
労働基準法               6:30 (2016年10月下旬)
労働安全衛生法             3:00 (2016年12月中旬)
労働者災害補償保険法          5:30 (2016年12月中旬)
雇用保険法               5:45 (2016年12月下旬)
労働保険徴収法             4:20 (2017年1月下旬)
健康保険法               7:30 (2017年2月下旬)
国民年金法               7:00 (2017年3月中旬)
厚生年金保険法             7:30 (2017年4月下旬)
労務管理その他の労働に関する一般常識  6:30 (2017年5月中旬)
社会保険に関する一般常識        5:00 (2017年5月下旬)

※上記時間は適当に切り上げ・切り捨てしているのでおおよその目安です。

トータルすると約67時間です。
毎年、法改正が行われその対策や解説が織り込まれるので年度ごとに多少の時間の前後はありますが、おおよその目安にはなるでしょう。

こうしてみると、メディア講義を視聴するだけでも多くの時間が必要です。平均1日1枚のペースで視聴しても、1ヶ月半から2ヶ月はかかる計算です。
しかし、これはいっぺんにやろうとした場合で、このような状況になるのは試験を受ける3~4ヶ月前(4月くらい)に勉強を始めた場合です。

講座は10月上旬から始まりで、2~3週間隔で科目ごと順次発送されて来ます。
計画的にやれば教材が手元に届いてから1週間前後で1度は試聴できるでしょう。あとは自分の理解度に合わせて再度講義を聴きなおしたり、過去問講座をやれば効率的に勉強を進めることがでします。

通信教育を購入する最大のメリットは自分の都合に合わせた勉強ができることです。

基礎知識なくして問題を解くことはできません。特に初めて勉強を始める方はその重要性を十分理解しておいてください。
ただ暗記しようとするだけでは、どんなに評判の良い教材で勉強しても範囲の広い社会保険労務士試験の対策は十分にできません。

当管理人はCDコースを選びました。理由はDVDを見る時間がなかなか取れないので、どこでも聞くことの出来るCDのほうが便利だと考えたからです。

実際に通勤中の電車で講義を聞きながらテキストに目を通すことで時間を効率的に利用することが出来きました。

勉強を始めようとして、何から手を付けて良いか迷いませんでしたか?フォーサイトの社労士講座はそんな悩みを解消してくれる工夫が盛り沢山。あなたのその思いをきっと支えてくれるます。

>>フォーサイト社労士講座の詳細はこちら<<

この記事にコメント

*

トラックバックURL