フォーサイト社労士講座の口コミ

2018.3.19|未分類

社会保険労務士試験を受講するにあたり、勉強する教材選定には当然のように口コミや比較サイトなども参考にしました。
管理人の場合、会社勤めをしながらの勉強することになるのですが、残業が多かったので学校に通うことはあまり考えませんでした。

選択肢は独学か通信講座になるのですが、仕事柄実務をこなすことはあったものの試験対策まで考えると、いきなり独学では対応できないと思い通信講座にすることにしました。
フォーサイトの口コミは様々ですが、実際に勉強した感想を交えて紹介したいと思います。

1.テキスト

近年では出題範囲が以前より広まったので検定難易度もさらに高くなっています。このため、そのボリュームも相当なものになります。
比較サイト等の書き込みにも多くありましたし、管理人自身も感じましたが教科ごとのテキストは個別にみると「薄い」と感じますが、トータルで見ると決してそんなことはないです。

また、口コミの中にもありましたが「ポイントが絞られていて良い」と思います。範囲が広いからといってあれもこれも、と出されても多すぎると結果的にこなせなくなる、という状況になってしまいます。
そう言っても解説がおろそかになっているわけでもありませんし、実際に働きながら時間を捻出して勉強する受講生の立場からするとありがたいくらいでした。

過去問1

2.メディアによる講義

DVD(またはCD)で講義を視聴することが出来ます。
スクールでは当然講義がありますが、通信講座でこういった講義を受けられて非常にためになったと思いました。テキスト連動の講義ですが、テキストには記載されていないこぼれ話や傾向についてなどが随所に入っており、テキストにはない情報が得られました。

やはりテキストを目と頭だけで追うよりも映像や音声で入ってくる情報があったほうが理解度や記憶には大きなアドバンテージがあります。

ちなみに当管理者はCDコースを選択しています。自分の勉強スタイルを考えると、DVDをじっくり見ている時間的余裕がないのは目に見えたので通勤中に聴くことを前提に選びました。
テキストに沿った講義であることに変わりはないので映像と音声のDVDを上回るとは言いませんが、CDでも十分身のある講義を受けることが出来たと思います。

こういった個人の勉強スタイルに合わせられるバリエーションがあることも嬉しいところです。
また、メディアでの講義を前提に構成・収録されている点は評判が良いです。実際の講義の録画だと、会場の受講者には感じない間の違いによるストレスが少なからず出てしまうことが大きいのでしょう。
ただ、実際の講義を録画している場合、会場受講者による質疑応答は一見の価値アリとの口コミはあります。

3.フォロー体制
やはり質問サポートがあることは大きいです。
通信講座は基本的に受け身なので一度つまづくと自分だけでは修正が難しいところがあります。しかし相談相手がいるということは直接アドバイスを受けることができることはもちろん、その存在が大きな支えとなることも少なくありません。

実際に質問する回数は平均10回程度のようですが、30回無料(有料ながら31回目以降もサポートあり)というところも心強いところです。
受講者応援サイトやメルマガ、講師ブログといったインターネットによるフォローも高合格率を支えるツールです。

4.費用
通信講座最大の魅力のひとつはやはり低価格。スクール通学は20十万前後の費用がかかるので、数万から勉強できるのは大きなメリットがあります。
フォーサイトは中でもコースバリエーションが多く、自分の勉強スタイルに照らしあわせた選択をすれば最小限の出費で収めることが出来ます。値段も最高でフルセットの10万円程度なのでスクールの半分程度。

勉強を始めようとして、何から手を付けて良いか迷いませんでしたか?フォーサイトの社労士講座はそんな悩みを解消してくれる工夫が盛り沢山。あなたのその思いをきっと支えてくれるはずです。

>>フォーサイト社労士講座の詳細はこちら<<



この記事にコメント

*

トラックバックURL